TOKYO PACK 2022 特集ページ

モノマテリアル | プラスチックパッケージの資源循環に向けて

プラスチック資源循環型社会を求める声に、ポリエチレンインフレーションメーカーは、どんな答えを出せるか?
林産業では、リサイクル性に優れたポリエチレンフィルムのモノマテリアル化の実現に向けた開発を行なっており、日本初導入の「インライン延伸機搭載」インフレーション成型機で製造する一軸延伸ポリエチレンフィルムを始め、LL-シーラントモノマテリアルスタンドアップパウチ等を紹介します。

MDOPEとは

一軸延伸ポリエチレンフィルムのこと。
MDOは、Machine Direction Orientation(縦方向延伸)の頭文字です。
弊社が2022年、日本で初めて国内生産を開始する基材をTOKYO PACK 2022にてご紹介します。

インフレーション成形機上部にインライン延伸ユニットを搭載。一軸延伸加工をすることによりポリエチレンの優れた点に加え、強度・コシ・透明性などが向上。一般基材をMDOPEに置き換えることでパッケージのモノマテリアル化を達成できます。

 

 

 

MDOPEの機能を補填し、加工適性を上げる低温タイプ。

 

酸素・水蒸気バリア性機能を持ち、ラミネート工程削減による生産効率向上が可能。

 

弊社シーラントフィルムの大きな特徴は低温ヒートシール性。加えて、酸素・水蒸気バリア性を付与したバリアシーラントを開発。MDOPEやバリアコートMDOPEと組み合わせることでお客様のご要望に合わせたモノマテリアルパッケージが可能になります。


MDOPEモノマテリアル

[構成]MDOPE + LL-シーラント
[特徴]高強度・高剛性・熱シュリンク低減・低温ヒートシール

優れた延伸加工技術、樹脂選択により高強度・高剛性・熱シュリンク低減・低温ヒートシールを達成。内容物の保護・商品性・加工適性などに優れたPEモノマテリアルをご提案。

バリアMDOPEモノマテリアル

[構成]バリアコートMDOPE + LL-シーラント
[特徴]酸素バリア性、小ロット対応

MDOPEフィルムにバリアコートを施した酸素バリア性のあるMDOPE。EVOH共押しフィルムに比べ小ロットの製品にも対応が可能。

バリアシーラントモノマテリアル

[構成]MDOPE + LL-バリアシーラント
[特徴]酸素・水蒸気バリア性、生産効率化、低温ヒートシール

EVOH共押しシーラントフィルムにより酸素バリア性、HDPEによる水蒸気バリア性に加え高いリサイクル性を達成(EVOH 5wt%以下)。さらにはモノマテリアル要素だけではなく一般基材にも使用ができ、ラミネート工程を減らすなど生産効率化のメリットがある。

モノマテリアルスタンドアップパウチ

各フィルムの特徴を活かした①プレーン、②バリアMDOPE、③酸素水蒸気バリアタイプのモノマテリアルスタントアップパウチをご紹介。MDOPE#20/LL-シーラント#80で構成されており、ヒートシール部の収縮具合・コシ・強度・透明性をご確認いただけます。

林産業が提供する環境負荷低減ソリューション

プラスチックフィルムメーカーとしての挑戦
~私たちだから挑戦する~
~私たちだからこそ挑戦しなければならない~

林産業が提唱する「Mission S2R」について詳しくはこちらをご覧ください。

お問合せは

株式会社林産業へのお問合せは次のページからお気軽にお寄せください。