R&Dのルール

Mission

市場や環境の変化からくる様々な問題や課題を的確に把握し、トレンドと対応できる技術をいち早く見出します。世界にまだない便利な新製品を他社に先駆けて開発し、社会の発展に貢献します。

 

Vision

R&Dは林産業の「最先端チーム」です。他社を凌駕するような製品を、国内で唯一供給できるメーカーとしての存在感を確立し、有益性ある新たな事業の柱を創出し、社業の永続的な発展に尽力します。
林産業と付き合うことで得られる安心・安堵・期待感を提供し、顧客にとって一番の相談相手であり、大事なパートナーになることを目指します。

 

【Rule】

年間計画/月次計画/週次計画

部門方針書

◆社⾧から示される年間の「経営方針」に沿って、部⾧はR&Dの年間計画としての「部門方針書」を作成する。
◆部門方針、課題ごとの目標、方策を明示する。

予算書

◆「部門方針書」にそって、部⾧は年間の計数計画を策定する。
◆部⾧は、予算必達とし、その結果責任を負う。

1Pローリング表

◆「部門方針書」の年間課題を、月次、週次に落とし込む。
◆各担当者は、毎週ローリングさせ、PDCAを廻す。

 

【会議体】

経営会議(月次)

◆R&Dからは部⾧が出席する。
◆部⾧は、R&Dの課題のKPIを報告する。
◆報告は1Pローリング表、KPI資料で行う。
◆1Pローリング表/担当者は前月の重点反省、今月の重点施策を、月末のR&D部内打合せで報告する。
◆KPI/指名された担当者は、課題の実績と見込を経営会議の営業日3日前までに部⾧に報告する。

R&D週次MTG (週次)

◆目的 課題達成のため、週次で行動を確認し、PDCAを廻す。
◆部⾧は、MTGの責任を負い、ファシリテーションを行う。
◆1Pローリング表による行動確認
・担当者は、月初、先月の重点反省と今月の重点施策を報告する。
・担当者は、先週の重点反省と今週の重点施策を報告する。
・担当者は、各課題の期限を明記する。
◆KPIの確認
・担当者は、ダッシュ・ボードを使用し、課題のKPIを報告する。
◆指示事項の共有化
・部⾧は、指示事項を、ルーム「R&D週次MTG」にトークし共有、指示は必ず実行、結果をだす。
・議論が必用な場合は、別途、MTGを設定する。

Mission S2R MTG (週次)

◆目的 課題達成のため、週次で行動を確認し、PDCAを廻す。
◆部⾧は、MTGの責任を負い、ファシリテーションを行う。
◆各担当は、先週のMTGでの指示事項を中心に報告する。
◆指示事項の共有化。部⾧は指示事項を、ルーム「特命:Mission S2R」にトークし共有、指示は必ず実行、結果をだす。
◆議論が必用な場合は、別途、MTGを設定する。

R&D部内打ち合わせ (週次)

◆目的 その週の行動の反省と次週の行動を確認する。
◆必要に応じて個別テーマを議論する。
◆原則、週末に実施する。
◆担当者は、次週のR&D週次MTGで報告する1Pローリング表の案を作製し、報告する。
◆担当者は、指摘された点は修正し、room「R&D週次MTG」に添付、共有する。

 

【Salesforce オブジェクト・ルール】

アタックリスト

◆営業部より要望のあったテーマに対して、アタックリストを作成し「アタックリスト」にリストアップする。
◆リストアップ後は商談状況によって、矢羽根を進行させ、進捗状況が確認できるようにする。
◆R&D所有「アタックリスト」は、R&D担当者が責任者となる。
◆アタックリストに関する関係者間のやり取りは「アタックリスト」内のChatterを使用し行う。
◆「アタックリスト」とは、マーケティング分析により生み出される、当社にとって有益性の高い商域もしくは商品群を消費している顧客群のリストを入力するオブジェクトをいう 。

(工事中 営業部と定義統一中)

リード

◆「リード」とは顧客より製品の要望があった際に初期情報として調査したものを入力するオブジェクトをいう。
◆リードが発生した場合「リード」へ入力し、登録する。
◆リード発生後、商談を行い詳細を判明させ、引き合い登録へ移行する。
◆リードに関する関係者間のやり取りは「リード」内のChatterを使用し行う。

(工事中 営業部と定義統一中)

引き合い

◆「引き合い」とは、顧客より見積依頼があった際に、詳細事項等を聴取し入力するオブジェクトをいう。
◆引き合いが発生したら「引き合い」に詳細を入力し、登録する。
◆登録後各部署の承認を得て「製品開発P」か「見積」へ進む。
◆引き合いに関する関係者間のやり取りは「引き合い」内のChatterを使用し行う 。

製品開発P

◆基礎研究にて試作をする際は「製品開発P」にて登録し、各プロセスを管理する。
◆新規引き合い製品の有効性評価において、開発要と判断されたものは技術開発ユニットにて「製品開発P」に登録し各プロセスを管理する。

 

【販売関係のルール】

価格決定

◆担当者は、 Chatter上で部⾧に伺いを立てる。
◆部⾧は、価格決定の責任者として、決裁する。
◆部⾧は必要に応じ、社⾧、営業部⾧に意見を求める。

与信

◆担当者は、新規顧客と「直販」を行う場合、リードを獲得した時点で、Chatter上で部⾧に伺いを立てる。
◆担当者は、与信情報入手担当者に「帝国DB与信情報」を伺いに添付するよう依頼をする。
◆部⾧は、同情報を見たうえで、コメントを伺いに附記し、社⾧、営業部⾧に送付する。
◆営業部⾧にコメントを附記していただく
◆社⾧に、直販の決済をいただく。

R&Dから営業部への開発顧客の引継ぎ

◆R&Dは、開発テーマについて顧客から2回目のオーダーが入るまで担当として責任を負う。
◆以降、営業部が担当となり、引継ぎを行う。

 

【Mitoco ルーム】

R&D週次ミーティング

◆ルームの目的:R&D週次ミーテイングでの「指示事項・共有事項」をR&D及び関係者に周知・共有する。
◆部⾧はR&D週次ミーテイングでの「指示事項・共有事項」の内容をルーム上で周知する。
◆指示された担当者は、フォロー内容をトークする。内容によりChatterを使用する。

特命:Mission S2R

◆ルームの目的:週次のMissionS2R MTGでの「指示事項・共有事項」をR&D及び関係者に周知・共有する。
◆部⾧は次回のMTGのアジエンダを前週末にルーム上で周知する。
◆部⾧はR&D週次ミーテイングでの「指示事項・共有事項」の内容をルーム上で周知する。
◆指示された担当者は、フォロー内容をトークする。内容によりChatterを使用する。

 

【Gmail チャットルーム】

R&D連絡用

◆R&D内への連絡事項・指示事項に使用する。
◆本社出社、顧客訪問の許可は本ルームで行う。

おはようコール

◆リモートワークにおける健康確認と規律維持のため、休日を除く毎朝、全員、トークを行う。
◆有給休暇等は申請を別途行うともに、R&Dメンバーに知らせる。

行動のルール

◆朝の清掃は事務所掲示の「清掃分担表」に従う。
◆ゴミ出しについても同様に「清掃分担表」に従う。
◆ 敷地外周清掃は「当番表」に従う。
◆私物は個人用ロッカーもしくは個人棚に収容する。
◆ 時間外労働が発生する場合は、事前にに上⾧に伺いを立て許可を得る。

【文書管理のルール】

◆社外に提出する文書は課⾧、部⾧の承認を得る。
◆下記の管理番号と送付日を文書内に記載する。
HRD-〇〇(西暦下二桁)-〇〇〇〇(通し番号)
◆ファイル名は右記に従う。(宛先_文書分類_管理番号_送付日)
◆データファイル形式はPDFを基本とする。
◆送付した文書を下記の共有フォルダに保管する。
>¥¥haymd101¥LAN¥研究開発部¥03_技術開発U¥05_資料庫¥03_社外文書
◆送付後、文書管理台帳に必要事項を記入する。
◆入手した資料は下記の共有フォルダに保管する。
>¥¥haymd101¥LAN¥研究開発部¥03_技術開発U¥05_資料庫¥01

 

【サンプル管理のルール】

◆入手したサンプル品はR&D共有棚もしくは工場3F倉庫で保管する。
◆サンプル品はそのものが分かるように識別する。
◆見本品、プロジェクトにより試作したサンプル及び基礎研究で試作したサンプルはR&D共有棚バインダーにファイリングして保管する。
◆保管品はすべて「サンプル管理台帳」に登録する。
◆「サンプル管理台帳」は下記のフォルダ内のものを使用する。
>¥¥haymd101¥LAN¥研究開発部¥03_技術開発U¥00_共通ファイル

 

その他

◆当該ルールは関係者で半年に1度読み直し、必要な場合は部⾧の了解を得て、内容を更新する。